某アバンテ好きのブレイザードライブブログ

主にストレージ晒し。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想敵:ソルティーン

場末のブログでラピラビ談義で盛り上がる俺と某氏。
しかしそこでふと思ったことがひとつ。



「そもそもソルティーンに安定して勝てるストレージってあるのか・・・?」



元来確率ゲー的なきらいのあるこのゲームで勝率100%を語るのもナンセンスだが、
(というか5分の勝負でいいのなら赤天テンションでも十分ソルティーンに対抗できる)
テンションストレージの完成形と言ってもいいような気がするソルティーンこと緑天テンション型について、
今一度考察してみる。



ってなわけで、いでよ! ソルティーン!








ソルティーン


【ソルティーン】

ARMS
R:天賢[ソル]
L:滅剣[ガラティーン]

スキル
1st:ディメンションアーム
2nd:レイズテンション

ミスティッカー
3:ラピッドラビット
1:ヴァルハラ
3:ランプの精霊「ジン」
1:ソロモン
3:ザ・カーニバル
1:フーコーの振り子
1:ロータリーエンジン
1:リビングデッド
1:ワルキューレ
1:スレイプニル
1:ルナ
3:インビジブルハンド
1:ヴェルダンディ
3:ソウルクラッシュII~III




はい! 早速来ていただきました。

さて、このストレージだけは実はきっちり勝敗を記録していたのだが、
最終リザルトはなんとびっくり 21戦14勝7敗 。
なんと2/3、66%の確率で勝っているわけである。
まあぶっちゃけると赤天テンションも記録を取っていないだけで勝率は結構近いのだが・・・いやー、テンション様様っすわ!


んで。
まず第一に考察すべきポイントとしては、このストレージにおける勝ち筋、
いわゆる「こういう状態まで持っていけば勝ち」という条件なのであるが・・・

赤天テンション含む俺のほとんどのストレージでは勝ち筋は1つしか無い(というかそれが普通)なのだが、
ソルティーンの場合はその勝ち筋が2パターン存在する。これが大きなミソである。








勝ち筋 その①



こちらが、その勝ち筋の1つ目。
見ていただければ分かる通り、テンションソースとLEGENDとインビジブルである。
実戦の勝ち筋としては、テンションをFIRE以上に上げておき、
道中インビジブルの連発で4ターン目に両腕IV貼りを達成し、レイテンによってB-DRIVE、
ルナとスレイプニルのBD効果でAT500以上まで上がったガラティーンで大威力の一撃を放つ・・・というもの。

補完枠であるランプの精霊「ジン」はインビジコストに、
ワルキューレは3ターン目に貼ることでより安定的なIV貼りを実現する。







勝ち筋 その②




で、こちらが2つ目の勝ち筋。なんともイヤらしい緑単のようであるが、ここでは気にしないでいただきたい。

ラピラビによる加速力で常に最速の行動順をキープし、
インビジ乱発で早期にソウクラをボカスカ撃ちまくって相手の展開を滞らせ、最速で1stを発動しFDで上から殴る。
ATの低さはヴァルハラ・リビングデッドによりカバーする、というもの。
IV貼りに関しては補完枠であるランプの精霊「ジン」を使う。




ソルティーンを語る上で重要なのが、2つの勝ち筋で共にキーとなっている「インビジブル」
そして勝ち筋①・②それぞれで第二のキーとなる「テンションソース」「ソウルクラッシュ」である。

インビジブルのコストは「緑2無1」。
勝ち筋①・②共に最速でインビジブルを打てるタイミングは2ターン目であり、
第二のキーである「テンションソース」及び「ソウルクラッシュ」が
それぞれ3ターン目で活用できるというところがこのストレージの大きなポイント。

勝ち筋①・②で勝ち方は異なるものの、共に展開のトリガーはインビジブルであり、
初期手札は勝ち筋①でもインビジからの展開が勝ち筋②方面だった、あるいはその逆でも対応可能なため
インビジブルで勝ち筋の二択を行うことができる。

通常のストレージは展開の良し悪しがドローに左右されるのに比べ、
こちらはストレージ展開のキーがII、勝ち筋完成のキーがIIIという位置にあり、
さらにI及びIIに関しては相互の勝ち筋の邪魔をしないという、理想的な勝ち筋の共存が実現している。

ソルティーンについて「無駄のほとんどを排した構成」と常々語っているのはこのあたりがその所以。
ロータリーエンジンとヴェルダンディに関しては少々浮き気味にはなっているが、共にドローソースであるため
2つの勝ち筋の相互補完に一役買うことが可能。

実戦ではラピラビ加速からのテンション上げで最速BDアタックを狙うも良し、
テンション+ソウクラ+ヴァルハラ+ルナという擬似ナーガで叩き潰すも良し。
初期手札で事故らない限りは何を引いても勝ち筋を構築できるのが、ソルティーンの最大の強みなのである。




では続いて、ソルティーンの負け筋、
「相手にこうされる・自分がこういう状態になってしまうと負け」という条件について。

「相手にこうされる」という点に関しては千差万別であろうから割愛するとして、
「自分がこういう状態になってしまうと負け」という状況だが、こちらも2パターン存在する。


1つは上記の通り初期手札で事故るパターン。
これに関してはI貼りできないミスティッカーが5枚以上存在する限りどのストレージでも同じであるため、特に語らない。

2つめは、予想はつくだろうが「インビジブルが引けない」パターン。
勝ち筋2つでそれぞれファクターとなるのが「4ターン目に2nd発動」「(最速ソウクラからの)最速1st発動」であり、
共にインビジブルによるドロー補正が無ければ達成は難しい。
DF数値は高くなくFDもスキル任せで、元々「肉を切らせて骨を断つ」タイプのストレージであるため、
展開が遅れれば遅れるだけ不利になってしまうのだ。




ここいらで本題に戻って、ソルティーンに勝てるストレージを構築するには
「インビジブル込みでもソルティーンの展開を遅らせることができ、相手より先に決定力を生み出せる」
というストレージが一番理想的。

恐らくは、ドロー力を兼ね備えたハンデスストレージ・・・というかハッキリ言ってしまおう。
ソルティーンに勝つには、青天テンションを改良するしかねえ!









ってなところで、今回はここまで。
普通に仕事の休憩時間オーバーしてるよ! 社長に怒られる!



スポンサーサイト

このソフトの Wi-Fiコネクションサービスは 終了しました。

2014/05/20 23:00
ブレイザードライブ(ってかDSソフト全般)のWi-Fiコネクションサービス 終 了 。

いやー、終わっちゃったね。皆様オツカレサマデシタ。
しかしながらコレを書いてる途中でも、裏では某古参ブレイザー達がなぜか現在(23:38)でも対戦中、どうなってやがる・・・


さて、各々ブレイザーなら感じるところがあるでしょうが、湿っぽいのはキライな性分なもので。
最後まで残った(orなぜか残ってた)ストレージ8つ一気に晒すぜー!!!
体感的勝率ランキングもつけちゃうぜーーーー!!!











ランク【8位】




黄天テンション


【きてんテンション】

ARMS
R:電臣[エレクトリア]
L:天賢[ソル]

スキル
1st:ディメンションアーム
2nd:ARMS解放

ミスティッカー
3:ケンタウロス
3:ザ・カーニバル
2:フーコーの振り子
3:イザナギ
3:雷機獣
2:マインドプレッシャー
2:「乾電池ボルテック」Lv2
1:ミュージカル
1:ルナ
2:バッテリーパック
2:スティールチェーン



なぜか残ってた枠。
黄色のテンション型は順当に行くなら神立だろうけど、
ルナ+ミュージカル+ARMS解放+BDの超火力を試してみたかったので
攻撃腕はルナ、バッテリーパックでBDを狙う構成。

前々からテンション型を組んでてソルに防御を任せていると、カーニバルのDF-10のお陰でDFが上がりにくい
(というよりATで損している)ような気がしていたので、
他色ARMSを防御腕に回してテンション型組んだらどうなるんだろう?と思って作った、というのもある。

だがいざ回してみると弱いのなんのって・・・
黄色自体、カニバや振り子を使うばかりでメインで組んだことが少なかったので知らなかったが、
搦め手も何も使わずにまっすぐ行く脳筋の黄色ストレージって、
LEGEND引けないとATもDFもまともに育ってくれないただのSPDバカになっちゃうのね。

実戦では両腕IV貼りまで持って行ってもLEGEND(ってかルナ)無しでは数値は200足らずということもしばしば、
バッテリーパックが無いと自力BDが出来ない場合もあり、本当に火力不足が目立つ。
正直神立に変えたところでARMSボーナスで強化されるか腕の黄色ブーストで強化されるかの違いだけで、
LEGENDが引けなかった時の根本的な数値不足は変わらない気がする。

組んでから1週間程度なので改善点が多数あるのは分かってるが、
それでもやっぱ黄の強さってテンションとスティールチェーンありきだよなあ・・・と実感したストレージであった。












ランク【7位】




赤天ベオガンド2


【あかてんベオガンド2】

ARMS
R:天賢[ソル]
L:獣界[タイガージャック]

スキル
1st:ライフスティール
2nd:ソウルペイン

ミスティッカー
3:ベオウルフ
3:ヨルムンガンド
3:加速装置
3:ザ・カーニバル
3:青竜皇帝「ソンケン」
1:ソロモン
3:ユグドラシル
1:ウオークライ
1:ルナ
2:カウンターブレイク
1:時の支配者「クロノス」




前回のものとの違いはLEGENDと、ダイヤモンドダストをソロモンに変更したぐらい。

基本コンセプトは見て分かる通り、ベオウルフとヨルムンガンドの重ね貼りでATをガシガシ上げていき、
ライフスティールによる回復で持久戦を狙う、というもの。
ソウルペインとライフスティールは非常に相性が良く、終盤のダメージレースでは他の追随を許さないほど。

ダイヤモンドダストをソロモンに変えてI貼りできるミスティッカーは1枚増えたが、
コンセプト的に1ターン目にベオウルフを引けなければ苦しい点は相変わらず。
回った時は快勝できることが多いものの、うまく回らなくて何もできず落ちる事のほうが多く、
勝率としてはこの位置に収まってしまった。
体感ではおおよそ4割あるかないかと言ったところ。

とは言え、最初からそういうコンセプトで組んだものだし、
上のミスティッカー一覧を見れば分かる通り非常にバランスよく各色を含んだ面白いストレージ構成になっていて、
(というかこれを視覚的に見せたかったがために色分けした)
高ステ・低補正で混色向き というソル&タイガージャックの特色を存分に活かしたストレージに仕上がっているかなと。
そういう意味で個人的にはかなりお気に入りのストレージの1つ。











ランク【6位】




ちからこそすべてだ


【ちからこそすべてだ!】

ARMS
R:鬼寄[シュテンドウジ]
L:獣界[タイガージャック]

スキル
1st:ディメンションアーム
2nd:補強の達人

ミスティッカー
3:サラマンダー
3:レッドファントム
3:プロミネンス
3:「炎増幅MYSTICKER」
3:鶴翼の陣
1:ブリガンディ
3:奉天牙戟
1:炎神皇帝「ソウソウ」
1:ウオークライ
3:双火鉄槌




I need more power...!!


上記ベオガンドとは打って変わって脳筋全開のタイガージャックさん。
ちなみに今更だが、ARMSの太字のほうが攻撃腕です。
ちからこそすべてに「だ!」がついたガチ仕様。
我ながら気持ちのよいストレージ名である。

清々しいほどに、そして猛々しいほどに真っ赤なストレージ。
I貼りできるものが9枚しか無いが、その分IV貼り枚数も9枚と多く、
枚数のバランスはある程度目をつぶってカードパワーの高いものを大量投入しているため、
綺麗に回った時の破壊力は随一。

どれぐらいすごいかって、BD無しLEGEND無しの2nd発動でATが350まで行くぐらい。
ウォークライが貼られてしまうとAT500とか平気で行くので、破壊力はとにかく凄まじい。
防御面がダメかというと割とそうでもなく、単色故に「炎増幅MYSTICKER」を1枚でも貼れれば
100~180ぐらいのDFを維持できる。

とは言えARMS・ドライブスキル共に超がつくほど単純であり、
TECHや腕破壊に対する直接的な対策は皆無なため、狙われると結構脆く、
勝率としては4割強といったところ。

だがこの漢らしさが良い・・・と言えば、男性諸氏は理解してくれると信じている。そんなストレージである。











ランク【5位】




アバンテのほんき!



【アバンテのほんき!】

ARMS
R:鋼翼[アバンテ]
L:天賢[ソル]


スキル
1st:追撃
2nd:エレメンタルブレス

ミスティッカー
3:ブラッディインパクト
3:ミニードラゴン
3:サクリファイス
3:プチデビル
3:マンドラゴラ
3:ランプの精霊「ジン」
1:ワルキューレ
1:ウエポンコンテナ
1:ルナ
3:青竜皇帝「ソンケン」




前回の記事と構成的にはまったく変わらない・・・はずなのだが、
なぜかストレージ名に「」がついてたのでそれに倣った。なんでや!

ストレージ名やドライブスキルからも分かる通りに、追撃特化のストレージ。
ARMSが両方太字になっているのは、2~3ターン目で攻撃腕をスイッチするため。
追撃は言わずもがなであるが、それに加えてストレージが全て腕に貼れるもので構成されているため安定感が凄まじい。

それ故に勝率としては普通なところ。
安定感はあるが快勝も惨敗もあんまり無い。勝つ時は普通に競り勝ち、負ける時は普通に負ける。
腕破壊に対する防衛手段が無いため狙われたら為す術がなく、しかし追撃故に回りきれば逆転されることはほぼ無い。

有り体に言えば、普通の対戦になりがち。それを良しと取るか悪しと取るかは人それぞれだが・・・

しかしながら、サクリファイスからの腕スイッチだったりウエポンコンテナの全体攻撃だったりと
単体で見れば非常に変則的な動きをするので、回しているのはなかなか楽しく、
何よりアバンテさんが結構まともに活躍してくれるので、個人的にはかなりお気に入りのストレージ。












ランク【4位】





青天テンション



【あおてんテンション】

ARMS
R:天賢[ソル]
L:豹雨[フリギットクアール]

スキル
1st:ディメンションアーム
2nd:レイズテンション

ミスティッカー
3:九尾の狐
1:ロックヴァイパー
3:ザ・カーニバル
1:フーコーの振り子
3:クラーケン
1:ソロモン
1:ワルキューレ
1:ナーガクイーン
1:ルナ
1:ベイビーマジシャン
3:ウンディーネ
1:時の支配者「クロノス」
3:ソウルクラッシュII~III
1:ソウルクラッシュIII




この辺からガチストレージ。

ありそうでなかった青天テンション型。
見てもらえれば分かるだろうが構成としてはソルティーンこと緑天テンション型に酷似しており、
それ故に無調整の現段階でもなかなかの強さを発揮してくれた。
(といっても実戦投入はたった4回なのだが)

展開的にもソルティーンに近いが、大きな違いとしては
九尾の狐を始め、インビジに比べコストは多いが引ける枚数も多いウンディーネ、
能動的な火力補強と確実なLEGEND貼りができるベイビーマジシャンなど、
より「ドロー」の方面に強い点。

ソルティーンはどちらかと言うとラピラビによる早さとインビジ・ヴェルダンディの大量投入により、
ベビマジが無い(=確実にLEGENDを引けない)部分を手数で補っていた。
運が悪いとLEGENDも引けずBDもできず、ラピラビで徒に相手のターゲットを引くだけ、という場面が時々あったが、
こちらはほぼ毎回確実にナーガを引っ張ってこれるため、安定感としてはコチラのほうが高い印象。


加えてBDによる爆発力も期待できる。
テンション+ナーガの恐ろしさは知らずとも想像に難くなく、そのためソウクラなどの腕破壊の標的になりやすいが、
ソル側を1枚遅らせて展開することでルナの布石にすることもできる。
瀕死でBURNになったところでクアール側にソウクラ撃たれる→カニバ貼ってBD&追い抜き→ウンディーネで引いておいたルナ貼り
といったブラフ戦略も可能で、「ルナを潰すかナーガを潰すか」という二択を迫れるのが最大の強み。
それも湯水のように引けるドローTECHとナーガの素の火力の高さがあってこそであり、
平時にプレッシャーを掛けづらいガラティーンでは真似の出来ない、このストレージの強烈な個性だろう。

Wi-Fiが終わってしまったため調整する気にはなれないが、
課題点としてはTECHコストである「青3」を満たすためのバランス調整が主。
今のところテンションソース(青以外)が邪魔になる場面がやや多い。
ウンディーネがあるのと、ガラティーンと違ってナーガのIIIを取りこぼしてもあまり痛くない点を考えれば、
振り子を無くしてヴァイパーを2枚にしてもいいかもしれない。
あとは例によってTECHの枚数バランス。その辺りは回しまくって判断するしか無い。

このゲームの「ドロー」のバランスブレイカーっぷりを改めて体感したストレージ。
恐らく、もっと早くに作ってきっちり調整すればソルティーンすら食えたんじゃないか?と思えるぐらい、
かなり可能性が見えたストレージだった。
それだけにWi-Fi終了したのが悔やまれる・・・












ランク【3位】






ちょうかいふく



【ちょうかいふく】

ARMS
R:天賢[ソル]
L:滅剣[ガラティーン]

スキル
1st:ライフスティール
2nd:ダブルアタック

ミスティッカー
3:誘うものリリン
3:ヴァンパイア
2:ラピッドラビット
3:大徳皇帝「リュウビ」
1:ソロモン
3:ランプの精霊「ジン」
1:ワルキューレ
1:スレイプニル
1:ルナ
2:タイフーン
3:インビジブルハンド
1:カウンターブレイク




ソルティーンその1。なぜか かいふくソルティーン から ちょうかいふく に名前が変わっていた。なんでや!

先代からの変更点はロリ&CBがタイフーン2枚に変わった点のみ。
というかなんでロリ入れてたんや・・・確かにラピラビとの相性はいいけど・・・

リリン+ヴァンパイア+ライフスティール+スレイプニル&ダブルアタック というえげつない超回復がウリのストレージ。
某氏は「強いのはラピラビだからw」などと宣っていたが、
陣形が完成しさえすれば1度の攻撃チャンスで軽く500近いHPを回復できるってのに
ラピラビより弱いわけあるか。弱いわけあるか。

いや、確かに俺の記憶ではこのストレージで某氏とあたった事って1回も無かった気がするけどさあ・・・
考えてみ? せっかく残り2桁まで削ったHPがたった1ターンで初期値近くまで回復するんだぜ・・・?
2vs1の状況から逆転できるとすれば、緑天テンションじゃなくて間違いなくコイツだよ・・・
というか実際に2vs1で逆転したことが3回ぐらいあったしなあ・・・コイツの前ではHPドットまで削ったとか全然惜しくないのです。それなんてオクラ?
自分のストレージだけど、それぐらいに嫌らしくそしてえげつないストレージなのである。俺がやられたら壁パンもの。よくこんなストレージを作ったもんだよ・・・


実は、最初に組んだ形からほとんど変わっていない稀有なストレージ。
とりあえずほとんど何も考えずにリリン・ヴァンパイア・リュウビと3積みしていき、
空いたスペースに適当に補完ミスティッカーをぶっこんで回していたものを、ほとんど無調整で使っている。

サラマンダーもそうだが、範囲が一ヶ所限定のミスティッカーは何か補正がかかっているようで、
結構な確率でリリン&ヴァンパイアを両方引いてこれる。
I貼り枚数では赤天ベオガンドの方が多いが安定性ではこちらの方が上なのはこのあたりが理由っぽい。
またヴァンパイア以外の他色を排したおかげで、インビジの使い勝手では緑天テンション型よりも上であり、
2ターン目に手元にインビジが1枚あれば リリン+ヴァンパイア+何か という形で使用でき、
そのままスムーズにIV貼りまで展開しやすいのも強み。
やはりブレドラの最強はドローソースか・・・

勝率的にも勝ち越しており、ネタのつもりで組んだがいつの間にか主力ストレージの仲間入りを果たしていた。
一度でも超回復できさえすればソウクラ等で崩されても持ち堪えやすく、
持久戦もそこそここなせるのがその要因だろう。











ランク【2位】




あかてんテンション7



【あかてんテンション7】

ARMS
R:天賢[ソル]
L:神狩[テスタロッサ]

スキル
1st:ディメンションアーム
2nd:レイズテンション

ミスティッカー
3:サラマンダー
3:聖なる炎
3:ザ・カーニバル
3:ボクシンググローブ
3:レッドドラゴン
1:ソロモン
3:奉天牙戟
1:フレイムワイバーン
3:ソウルクラッシュII~III
1:ルナ





毎度おなじみ赤天テンション。ナンバリングが飛んでいるが気にしない。

前回の記事分から役割を少しシフトチェンジ。
ボクシンググローブを採用して速攻性能を高め、序盤の打ち合いで有利に展開できるよう調整。
これまで無属性枠だった加速装置が抜けて、フーコー・悪Qと共に空いたスペースに潤滑剤としてレッドドラゴンを3積み。

ボクシンググローブは左右どちらの腕に貼ってもそれなりの効果を発揮するため
IIにも貼れる奉天牙戟のようなミスティッカーとして機能するし、
加速要素を意図的に排したことで両腕疲労の相手を殴れる機会が増えたので、
リュウビ採用時の課題であった両手IV貼りのしづらさ・レッドドラゴン採用時の課題であったカードパワーの低さを
両方とも払拭でき、結果として安定度と突撃力がより増した形に。

テンションソースはサラマンダーとカーニバル(と、一応ソロモン)だけで一見貼りにくそうに見えるが、
実際回してみると補正ゆえかサラマンダーを結構な確率で1枚引いてこられるので、
そのままテスタロッサに貼ってスムーズに展開できる。
何より「4ターン目までに両手IV貼りしてBDで1人落とす」というコンセプトは変わっておらず
テンションはFIREまででもおkという点を考えれば、テンション管理自体はさほど難しくない。

3積みが7種・ピン刺しがLEGEND込み3種と気持ちのよい構成に収まっており、視覚的にもスマートで満足のいく調整となった。
ぶっちゃけ、ワイバーン採用のテンション型としてはこれが完成形なんじゃないか?とすら思うほど。
まあそんなことは無いんだろうけど、これといった弱点が無いために仕事達成率は非常に高く、先攻・後攻問わず活躍してくれる。
勝率的に見ても平時で5割、調子のいい時は7割後半程度と高水準で安定しており、最後まで主力となって戦えた頼もしいストレージであった。











ランク【1位】





ソルティーン



【ソルティーン】

ARMS
R:天賢[ソル]
L:滅剣[ガラティーン]

スキル
1st:ディメンションアーム
2nd:レイズテンション

ミスティッカー
3:ラピッドラビット
1:ヴァルハラ
3:ランプの精霊「ジン」
1:ソロモン
3:ザ・カーニバル
1:フーコーの振り子
1:ロータリーエンジン
1:リビングデッド
1:ワルキューレ
1:スレイプニル
1:ルナ
3:インビジブルハンド
1:ヴェルダンディ
3:ソウルクラッシュII~III




はい! ってなわけでソルティーンでした。

もはや説明不要な気もするガチもガチなストレージ。
B-DRIVEを基軸に不要なミスティッカーは極限まで排しているため無駄が一切なく、それゆえに無類の強さを発揮した。

ラピラビ加速から最速インビジ→最速ソウクラ→ヴェルダンディ→LEGENDドロー&最速2nd発動→BDアタック
の流れは様式美というかなんというか、清々しくチートです。本当にありがとうございました。
環境にファイヤーストームやソウクラを増やした遠因のストレージです。いやあ、申し訳ない。

最近は自重してたが、最後だしいっかー!と思ってたら
ラピラビ3貼のソルティーン vs ジェノサイド貼りナーガ×2
という、なんというか非常にアレな対戦になってしまった。
いやまあお互い3/24と2/48を引いてきたと考えれば強運同士の戦いになったのかもしれんが・・・
ちなみにどうなったかというと、ジェノを2連続回避してスレイプニルのBDで追い抜きアタックして沈めました。クソゲー(笑)









ってなところで。
いやー、もう更新することはあんまりないかもしれないけど・・・
ゲームの話題書こうにもゲーム自体最近あんまり触れてないし・・・このブログどうしようか。
ただブレドラ自体はローカルでもやってると思おうので、面白いストレージとか組めたらまた記事書くかもしれません。







では。
全ブレイザーの皆様、お疲れ様でした。
そして最高に面白いゲームをありがとうSEGA。




またいつか、続編が出ると信じて・・・!












transel先生の次回作にご期待ください!



ストレージ晒し7

Wi-Fiサービス終了まであと1か月。
大会に向けてストレージを組むので、空きスペース確保のためこちらに現在のストレージを保存しようかなと。



赤天テンション3


①【赤天テンション3】

ARMS
R:天賢[ソル]
L:神狩[テスタロッサ]

スキル
1st:ディメンションアーム
2nd:レイズテンション

ミスティッカー
3:レッドファントム
3:ザ・カーニバル
2:サラマンダー
2:フーコーの振り子
2:レッドドラゴン
2:加速装置
1:ソロモン
1:ワルキューレ
3:奉天牙戟
1:フレイムワイバーン
1:ルナ
3:ソウルクラッシュII~III



おなじみ1。いろんな人にバレていると思います。
ちょこちょこ改変しているため、どうしてリュウビ無くなったんだとか2枚刺し多すぎワロタとか言われても俺もちょっとわからない。
リュウビが無くなったのは、このストレージを改変した時の俺の気分だろう・・・
ぶっちゃけIV貼りしてBDしてFDでどーん!できればこのストレージとしては仕事達成なので、細かいところはなんでもいいのである。
特に不自由なく回ってるんで大丈夫だと思う。たぶん。






ソルティーン5


②【ソルティーン5】

ARMS
R:天賢[ソル]
L:滅剣[ガラティーン]

スキル
1st:ディメンションアーム
2nd:レイズテンション

ミスティッカー
3:ラピッドラビット
1:ヴァルハラ
3:ザ・カーニバル
1:フーコーの振り子
3:ランプの精霊「ジン」
1:ロータリーエンジン
1:ソロモン
1:リビングデッド
1:ワルキューレ
1:スレイプニル
1:ルナ
3:インビジブルハンド
1:ヴェルダンディ
3:ソウルクラッシュII~III



おなじみ2。
ちなみにナンバリングが5なのはゲーム内のストレージ名がそうなっていたからなのだが、4はどこに行ったのだろうか・・・
まあ違いといえばヴェルダンディがリビングデッドに変わっただけなのだが。

こちらもたぶんいろんな人にバレているであろうストレージ。
やることは赤天テンションと大して変わらないが、ラピラビによるSPD補正とインビジブルハンドによるドロー補助があるため爆発力は高め。
テンションソースをあんまり引けなくても緑単的加速力とソウクラ3つで仕事はできる。引きによって味が少し変わるストレージ。個人的には一番のお気に入り。
ファイヤーストームマジ勘弁。






アバンテのほんき


③【アバンテのほんき】

ARMS
R:鋼翼[アバンテ]
L:天賢[ソル]

スキル
1st:追撃
2nd:エレメンタルブレス

ミスティッカー
3:ブラッディインパクト
3:ミニードラゴン
3:サクリファイス
3:プチデビル
3:マンドラゴラ
3:ランプの精霊「ジン」
1:ワルキューレ
1:ウエポンコンテナ
1:ルナ
3:青竜皇帝「ソンケン」



アバンテさんが帰ってきた!
見て分かる通り追撃特化なストレージ。アバンテスタの時よりアバンテさんの機嫌がいいことが多い。
展開的にはアバンテスタロッサとほとんど一緒で、序盤はソル+サクリファイスの破壊力で削りつつアバンテ側で各種フラグを立てまくる。
3ターン目ぐらいからソルとアバンテのATが逆転するので、そこからアバンテにスイッチング。
2ndまで発動できれば、ODされたのに250ダメージとかいう面白い現象が起きる。
ちなみに素のATは大抵100にも満たないので、ソンケンはほとんど防御専用。

現在の改良点としてはSPD面と、ソウクラ始めとした各TECH対策。
ぶっちゃけSPDに関しては追い抜きされるのはともかくそれ以外で特に困ることはないので、悪Qを外してCBを入れるかどうか検討中。
CB3積みするなら、ランプの精霊「ジン」・ミニードラゴン・ブラッディインパクトあたりから1枚ずつ削ることになるだろうか。






あかてんベオガンド


④【あかてんベオガンド】

ARMS
R:天賢[ソル]
L:獣界[タイガージャック]

スキル
1st:アームコーティング
2nd:ソウルペイン

ミスティッカー
3:ベオウルフ
3:ヨルムンガンド
3:加速装置
3:ザ・カーニバル
3:青竜皇帝「ソンケン」
1:ダイヤモンドダスト
3:ユグドラシル
1:ワルキューレ
1:イフリート
3:ソウルクラッシュII~III


以前のストレージからブレイブハートさんがリストラされた形。
ついでにレッドドラゴン・奉天牙戟とLEGENDも消え、代わりにソウクラとユグドラシル、イフリートが入った。

ブレイブハートの方が貼りやすいとはいえ、やはりAT上昇の遅さが致命的。最速で貼れた時の事を考えると、ヨルムンガンドのほうがカードパワーは高い。
LEGENDに関してはこのストレージではお飾りでしか無いので・・・
ユグドラシルは防御のためというよりもソウルペインで大ダメージを狙うため。これが意外といい仕事をしてくれる。

欠点としては、I貼りできる物が9枚しか無いので詰まりやすいのと、初手でベオが貼れなかった時のATが残念すぎること。
しかし初手で貼れなければ負けみたいなものなので、気にならないといえば気にならないが・・・
あと例によって悪Qはクロノス師匠とテレコするかどうか検討中。最近、悪Qにあまり魅力を感じなくなってきたお・・・




さて、大会用のストレージなんて一切考えていないがどうしたものか・・・

年末対戦会27日編

年納めのブレイザードライブにするつもりが仕事がぜんぜん納まらず、結局パソコンの横でプレイしておりました。
本日の戦績は5戦やって3勝2敗。負け越してた総合成績が徐々に元に戻ってきた。

前回に引き続き、今日のハイライトもソルティーンでした。
前回も含めると4戦全勝という圧倒的勝率、やはりソルティーンだぜ!
アバンテは最近俺の言うこと聞いてくれないもん!

そして最近思うのが、単色が増えているなあと。
ディープ・ブルーとかベオウルフとか、「強力だけど最優先ってわけではない」みたいなミスティッカーをよく見かける気がする。
かく言う俺もアラジンオイル+プロミネンスなんていう脳筋ストレージを使いましたがw


ってなわけで本日のストレージ晒し!






力こそ全て



【力こそ全て】

ARMS
R:鬼寄[シュテンドウジ]
L:獣界[タイガージャック]

スキル
1st:アタックブーストI
2nd:補強の達人

ミスティッカー
3:レッドファントム
3:聖なる炎
3:アラジン・オイル
3:「炎増幅MYSTICKER」
3:プロミネンス
3:レッドドラゴン
2:サラマンダー
3:奉天牙戟
1:ウオークライ



その脳筋ストレージである。ネタのつもりが何のアレか勝ってしまったが・・・

ストレージ名が示す通りにAT以外の一切を無視したストレージ。
非脳筋要素といえば「炎増幅MYSTICKER」ぐらいであとは全てAT偏重という極端な構成だが、それだけにうまいこと貼れた時のATは凄まじく、
アラジンオイルとプロミネンスを貼った上で2st発動すればLEGEND無しでもAT400オーバーまで持っていく。

ちなみに俺のストレージにはよくあることだが、アラジンオイルとプロミネンスを
ディメンションと双火鉄鎚に変えてやれば、すごくまともな赤単に変貌する。
まあぶっちゃけそれでも1st-DRIVEはディアーのがよっぽどいいと思うが、
まあネタストレージだし別にいいよね!






回復ソルティーン



【回復ソルティーン】

ARMS
R:天賢[ソル]
L:滅剣[ガラティーン]

スキル
1st:ライフスティール
2nd:ダブルアタック

ミスティッカー
3:誘うものリリン
3:ヴァンパイア
2:ラピッドラビット
3:大徳皇帝「リュウビ」
1:ソロモン
3:ランプの精霊「ジン」
1:ロータリーエンジン
1:ワルキューレ
1:スレイプニル
1:ルナ
3:インビジブルハンド
2:カウンターブレイク



前回、ぎる氏がリリンヴァンパイアをやっていたのを見て自分もやりたくなったので組んでみた。

緑天を組む時はもはや定番になりつつあるインビジ超ドロータイプのストレージを基調に、
誘うものリリンとヴァンパイアに加えてライフスティールとダブルアタックも組み込んだ、超吸収特化のストレージ。
リリンヴァンパイアライフスティールまで行けば、1度の攻撃チャンスでかなりのHPを回復できる。

今日は運命力が凄まじく両腕リリンヴァンパイアまでもっていけた。
ちなみにその後双火鉄鎚を使われたのだが、使われていなければリュウビ2枚を貼れていたのでえらいことになっていたかもしれない・・・
まあ相方(ダブアタガラティーン+ベオウルフ)の運命力もなかなか凄まじかったんだけどね・・・



てなところでまた明日。

久々の対戦会

お久しぶりです。

題目どおり久々のブレイザードライブ対戦会。
パワバが踊り狂ったり、ジェノ→LOKI→SLEEPというこの上なく非道なコンボが出たり、瀕死BDからのスレイプニルで奇跡の大逆転があったりといろいろありましたが、いやーやっぱブレドラは楽しいね!
もっと人口増えて欲しいもんだよ。

昨日は久々すぎてプレイングミスが目立ちましたが、3枚目のエンヴィも手に入ったし、またやりたいなあ。
正直忙しいのは相変わらずなのでいけるかどうかわかりませんが・・・

ってなわけで、昨日使ったストレージ2つ公開。新作?ありません。




赤天テンション2


1.【赤天テンション2】

ARMS
R:神狩[テスタロッサ]
L:天賢[ソル]

スキル
1st:ディメンションアーム
2nd:レイズテンション

ミスティッカー
3:聖なる炎
3:ザ・カーニバル
2:サラマンダー
3:加速装置
3:奉天牙戟
2:大徳皇帝「リュウビ」
1:ソロモン
1:ワルキューレ
1:フレイムワイバーン
1:ルナ
3:ソウルクラッシュII~III
1:試験薬「廃テンション」



初代の改良版、というか改変版というか。
テスタロッサのIがやはり勿体ないのとレッドドラゴンのカードパワーがショボすぎるので、
代わりに聖なる炎を追加。
あとはFDは防御腕のみと割り切って1枚減らして悪Qを追加。
そしてフーコーの振り子×3をサラマンダー×2と廃テンションに。やはりテスタロッサ+サラマンダーの序盤の高威力は無視できない。

IV貼りできるものが減ったので安定感がなくなったというか、4ターン目に両手IV貼りはしづらくなったものの、
IV貼りできるミスティッカーのカードパワーが段違いなため、
回った時はほぼ必ず仕事ができてかなり扱いやすくなった。
後攻の初手でサラマンダーを引けたらなかなか強い。

相変わらず安定感はNO.1のストレージ。後攻なら基本これでいいぐらい。





ソルティーン3


2.【ソルティーン3】

ARMS
R:天賢[ソル]
L:滅剣[ガラティーン]

スキル
1st:ディメンションアーム
2nd:レイズテンション

ミスティッカー
3:ラピッドラビット
1:ヴァルハラ
3:ザ・カーニバル
1:フーコーの振り子
3:ランプの精霊「ジン」
1:ロータリーエンジン
1:ソロモン
1:ワルキューレ
1:スレイプニル
1:ルナ
3:インビジブルハンド
2:ヴェルダンディ
3:ソウルクラッシュII~III



2代目の改良版ガチ仕様。といってもTECHにソウクラをぶち込み、ヴァルハラを追加したぐらいだが。

本日最終戦で大逆転したのもこのストレージ。
ラピラビ、悪Q、BD、ルナ、スレイプニル、それぞれの相乗効果が強力で、回った時の勝率は非常に高い。
ランプの精霊「ジン」が初手に来ると少し展開しづらいものの、ドローソースが多く
無駄なミスティッカーも一切無いので、初手で事故らなければ強い。

ちなみに今日の対戦ではインビジブルハンドをスルーした上でソウクラに対して零度を使われたが、
このストレージに限って言えばいかに早くLEGENDを貼ってBDするか(=2nd DRIVE発動するか)が命なので、
序盤のインビジに対してカウンターされる方が困ったりする。





いやー、しかし対戦はやっぱ楽しいね。
またやりたいものだ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。